読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわっても熱くない花火

ちょっとした驚きを食べながら生きています

コンテストに出場して、優勝したり、インタビューを受けたりしたお話

私事なお話。

昨年の11月に、オージス総研さん主催の「3人じゃないと使えないソフトウェアコンテスト」の本戦に出場して、優勝しちゃいました!

報告がてら、色々と書いておこうと思います。


どんなコンテスト?

名前の通り、「3人じゃないと使えないソフトウェア」のアイデアを考えて出場するコンテストでした。
難しいですよね。3人で使えるソフトウェアって基本的に「4人以上でも使えちゃうよね」って物ばかりなのですよね。アイデア出しに苦労しました。




何を作ったの?

我チーム「俺のノートパソコンがこんなに軽いわけがない」*1は知育アプリのアイデアを応募しました。
ちなみにチームメンバーは @iBenza と @fist0 と私の3人。
実装もしたよ!(私はコードを書いてませんけどね…iBenzaがメインコードの全てを書いてくれました!ありがとうiBenza!)
その名も「おとなトリオ」*2

子供が3人集まって、3台のスマートフォンを使ってあそぶゲームです。
簡単に言っちゃえば、3人で集まって選択式のノベルゲームをするためのプラットフォームを作ったってかんじです。

プレイするストーリー内容は、社会で実際に起きそうな1コマで、普通のお買い物から炎上案件まで様々な場面を想定しています。

f:id:yanoshi:20131115193305j:plain

f:id:yanoshi:20131115190532j:plain
実際のプレイ画面はこんな感じ。


デモ用に作ったストーリー

デモ用に作ったストーリーのプレイ例を貼っつけておきます。

デモではこんな炎上案件のストーリーを審査員の方々に遊んでいただきました。
f:id:yanoshi:20131115191321j:plain

こんな風に役割が決まってます。
f:id:yanoshi:20131115192050j:plain

例えば、お客さんの選択肢はこんな感じ。
f:id:yanoshi:20131115192213j:plain

店内はすでに混み合ってるみたいです。
f:id:yanoshi:20131115192318j:plain

お客様は横暴です。
f:id:yanoshi:20131115192405j:plain
f:id:yanoshi:20131115192457j:plain
f:id:yanoshi:20131115192524j:plain

ここで、店長の登場!
f:id:yanoshi:20131115192807j:plain

店長は穏便に済ませようとします。
f:id:yanoshi:20131115192847j:plain

お客様はひどい人ですね。
f:id:yanoshi:20131115192917j:plain

さぁ、店長は何を選ぶのか!?
f:id:yanoshi:20131115192936j:plain

キレた!!!!
f:id:yanoshi:20131115193053j:plain

あーあ…
f:id:yanoshi:20131115193142j:plain
f:id:yanoshi:20131115193204j:plain

とまぁこんなストーリーでした。
・・・
良い子は間違っても真似しないように!!!
もちろん、この選択肢は間違った選択肢です。バッドエンドです。バッドエンドレベル3くらいです。
このゲームの目的は、「社会的に正しい行動をする」事なので、当然このプレイ例では評価されません。こんな感じでポイントがゲットできません。
f:id:yanoshi:20140208182050p:plain


ちなみに、正しい行いをした時はこんな感じででポイントが貰えます。
f:id:yanoshi:20140208182128p:plain

で、優勝しました!

やったね。
f:id:yanoshi:20131115132207j:plain
トロフィーが高級でした!賞金もいただいたよー

3人じゃないと使えないソフトウェア コンテスト 本選レポート
ちなみに最終選考時用に提出したPDFファイルは上記サイトで公開されています。


インタビューされた

優勝者インタビューも受けてきました。
インタビューを受けるなんて初めてだったので、緊張しました…
3人じゃないと使えないソフトウェアコンテスト優勝チームインタビュー


更に雑誌の表紙になったり…

情報サービス産業協会(JISA)さんの会報の表紙になりました。
JISA会報
驚きです。

まとめ

このメンバーで優勝できてほんとよかった!
思えば、このメンバーでプロコンやその他諸々で散々辛酸を舐めてきた気がします…
特に @iBenza にはこれまで苦労を掛けっぱなしだったので、とっても感慨深かったです。
気心の知れたこのメンバーじゃなかったらなかなか勝てなかったなぁって思ったりw
ほんと、一緒に出場した二人には感謝感謝です。

いやぁほんとよかった。

オージス総研さんには、このような機会を与えてくださって感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

ちなみに賞金はお肉とか車に消えていきましたw


その他

「で、yanoshiはなにをしたのよ?」
とつっこまれそうなので、私の仕事内容をちょっと書いておきます。


資料は1次審査の段階から全部わしが育てた


あと、キャラクター(SD絵)を描いたよーこんな感じで。(絵心のない私には辛かった…)
f:id:yanoshi:20140226003103p:plain
f:id:yanoshi:20140226003110p:plain
地味に頑張ったので、このキャラクターをそのうちTwitterのアイコンにでもしようかと思ったり思わなかったり。


あと、プレゼンもしたよー
デモ部分の説明は二人におまかせ状態でしたが…


あとはそうだなぁ…
デモ用の携帯端末は全部私が揃えたよ!(私物です)
実はAQUOS PHONE ZETAはこのコンテストのために仕入れたのでした…w
我ながらなかなかな行動力だったと思うよ(真顔)


とまぁそんな感じです。

おしまい

*1:チーム名がぶっ飛びすぎていると中の人達にお叱りを受けたのは内緒…;;;;

*2:イデアはわしがそだてた