読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわっても熱くない花火

ちょっとした驚きを食べながら生きています

sMedio TrueLink+ Hi-Res Editionと言う名のDLNA対応メディアプレイヤーがセール中だったので買ってみた

Windows ソフトウェアレビュー マルチメディア 購入メモ

師走です。忙しいです。yanoshiです。

そんな忙しさの中こんなニュースを見かけました。www.forest.impress.co.jp

ハイレゾ再生機能には関心がありませんでしたが、DLNAに対応しているという点で興味を持ちまして早速購入してみました。
f:id:yanoshi:20151205020811p:plain
www.smedio.co.jp



使い方

いたってシンプルなアプリケーションです。右上のボタンから閲覧対象のデバイスを選択できます。
f:id:yanoshi:20151205020821p:plain

DLNA再生機能

我が家の録画サーバーにはDLNAサーバーが立っており、録画したデータをDLNAで楽しむことが出来ます。便利ですね。
録画サーバーに関して興味が有る方は以下の記事をどうぞ。yanoshi.hatenablog.jp

さて、右上のメニューからBMSを選択すると、フォルダーの部分にこんな感じでフォルダーが出てきます。
f:id:yanoshi:20151205021038p:plain

再生してみました。(MP4ファイル)
f:id:yanoshi:20151205021133p:plain

TSファイルは直接再生できなさそうです。(トランスコード用のスクリプトが必要なパターン)
f:id:yanoshi:20151205021429p:plain
必要だなぁって感じたらまたスクリプトを書くことにします。

DHCPには対応していない

今度は家のBDレコーダー(BDZ-EW510)のコンテンツを再生できるか試してみました。

一応フォルダは表示できます。
f:id:yanoshi:20151205021607p:plain

しかしながら入力端子からの録画したものしかサムネイルが表示されません。
f:id:yanoshi:20151205021659p:plain

地デジで録画したもの(再生にはDHCP対応が必要なもの)を再生しようとすると、こんな感じで再生できません。
f:id:yanoshi:20151205021750p:plain

DLNA(音楽再生機能)

WMA Losslessには非対応っぽいです。*1
MP3は再生できました。たぶんWAVも再生できることでしょう。

DLNA再生機能のバグ(動画再生時)

シークバーが仕事をしません。
一部のファイルだけかな?と思って色々と見てみましたがどの動画でも仕事してません。

f:id:yanoshi:20151205022358p:plain

2015年12月7日 追記

以降使っていると、シークバーが仕事するようになりました。
アップデートも掛かってないはずなので、サーバー側に何らかの原因があったのかもしれません。
原因の切り分けができてないので、バグじゃない…かも知れません。

OneDriveからのストリーミング再生にも対応

割と便利だなぁと思ったのがこの機能。OneDriveの容量が無制限だった時代ならものすごく便利だと思えたのでしょうけど…
OneDrive上に置いてあるMP4ファイルが試した限り全て再生できました。
OneDriveのWebインターフェイスよりもサクサク動作しているので好印象です。

あとシークバーさんもこの場合は仕事をしていました。どうやらシークバーのトラブルはDLNA再生時のみ発生するようです。

総評

割と酷評を書いているように見えるかもしれませんが、それなりに気に入っています。
確かに正規の価格(1500円)で購入していたら苛立ったかもしれませんが、100円で購入したとなると許せる程度の不具合と機能でした。


パソコンでDLNAを再生しようと思うと通常はVLC等が利用されるとは思いますが、「DLNAしか再生する気がない」というユーザーにとってはこういったプレイヤーの方が適しているかも知れません。
シンプルですし思ったよりサクサク動きます。
あとWindowsストアアプリなのでWPFで書かれているはずです。ってことでGUIのアニメーション描画もサクサクです。まるでWindowsじゃないみたい!(褒めている)

とりあえず1500円で売るならDHCPには対応してほしいなぁと言ったところです。
ですが見たところハイレゾ音源の再生機能に力を入れてらっしゃるようなので、そういった機能が追加される見込があるのかは謎です。

以上、現場からお送りいたしました。

*1:これもトランスコードスクリプトを書けば対応可能だと思われます